Share-Project — Making an "Open Academy"

代表挨拶

  • HOME »
  • 代表挨拶

2019年度に向けて

皆様からのご愛願、ご支援を賜り、Share-Projectは創設20年目を迎えます。Share-ProjectのスタッフOBOG、勉強会の参加者は延べ5000人を越し、50以上の企業様にご協賛をいただいております。Share-Projectが設立当初からの団体理念である“Open Academy”を今でも継承できているのは、偏に皆様のご協力の賜物でございます。この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。

Share-Projectが団体理念として掲げる“Open Academy”は、“Open”と“Academy”の2つの要素からなっており、それぞれ「交流の場」と「勉強の場」を意味します。この2つの場を同時に提供することで、金融という1つの軸の周りに強力なネットワークの構築することを19年間目指してきました。本年度のShare-Projectはこの流れを継承しつつ、さらなる拡大を目指しております。

昨年度は“Open Academy”の理念の基、Hedge Fund College・Share101・女子会といった新しい試みを行いました。これらの企画は社会的意義が高い、または、時代の潮流に合った試みといえます。本年度はこのような昨年度までの流れを引き継ぎつつも、革新的な取り組みを企画いたしております。

本年度もShare-Projectをどうぞよろしくお願いいたします。

Share-Project 2019年度代表

梅原 惇矢

PAGETOP
Copyright © 学生団体Share-Project All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.